• w-facebook
  • Twitter Clean

生田目礼一 ガラスの蟲 ガラスオブジェ

reiichinamatame.com

"Artist's Statement"
『活動理念』

The basic concept of my art work is "Oboro", which means vagueness in Japanese.
私の作品のコンセプトは、日本語で曖昧な意味【朧】です。

They are boundaries between art and craft, between bidimensional and tridimensional state, between fictitiousness and reality, between conscious mind and unconscious mind, and between life and death.
芸術と工芸の間、立体と平面の間、虚構と現実の間、意識と無意識の間、生と死の間。

Expressing the overlapping of certain states, including duality, and creating and letting one experience the vagueness in the "Oboro Realm" is the principle concept of my works.
これらの様に、ある2つの状態が重ね合わさった部分の表現、二重性を含み、ぼんやりとした「朧の世界」を体現させ、構築する事を活動理念としています。

This basic concept derives from "Schrodinger's cat" which is the thought experiment in quantum physics.
この基本概念は、量子力学の思考実験「シュレーディンガーの猫」の量子論を引用、応用した着想です。

On the other hand, this theoretically overlapped state, " mixture of life and death" could be considered as unscientific as well.
しかし一方で、この理論上の重ね合わせ状態、「生と死の混在」は非科学的であるとも考えられます。

But if we consider the duality from a realistic point of view, it is also true that several examples actually exists, such as "the sexuality in between the male and the female", "overlapping of virtual world and reality (virtual reality) " and "opportunistic bacteria that can be both beneficial bacteria or non-beneficial bacteria" and so on.
ですが、現実的な視点から二重性を考察した場合において、「男性と女性の間の性」や「仮想と現実が重なった仮想現実(バーチャルリアリティー)」、「善玉、悪玉のどちらにもなる日和見菌」など多数存在するのもまた事実です。

Furthermore, in verbal expression, words that represent mixture of states such as "neutrality",  "vagueness" and "gray zone", are widely recognized and mundanely used in our everyday life in chemical terms, idioms and slangs.
更に、言語表現では「中性」や「曖昧模糊」「グレーゾーン」等、混在すると云う事象は化学用語や熟語、俗語により広く一般的に認知され、日常的に使用されています。

Especially, even though existence of the duality of "gender" has been proven, the mystery of its existence has not been proven from any academic standpoint.
特に、実際に二重性の「性」が存在する事は証明されているにも関わらず、現在どの学問的観点からもその謎は解明出来ていません。

Though the means of expression that mankind have created as verbal expression could be an imperfect  media, even with that in consideration, the feeling of unbeknownst rich with mystery is fascinating with full of favorable possibilities in the future to come.
人間が作り出した言葉などの表現手段は、表現媒体としては不完全である事を考慮しても尚、その神秘性に満ち溢れた未知の感覚は魅力的であり、まだ見ぬ未来への好転的な可能性に富んでいるといえます。

This is why I chose "Oboro" as my basic concept, and I have been pursuing, researching and expressing myself with it.
よって【朧】をコンセプトに掲げ、それらを追求、研究し、表現しております。

 

生田目 礼一

 

1980年 宮城県生まれ。

2008年 バーナーワークを学びアート活動を始める。

2012年 第6回北本野外音楽祭モニュメント制作 (以降 第7回も参加) 

     浦和ライトダウン2012モニュメント制作

2013年 コニカミノルタ エコ&アートアワード入選

    「eco japan cup & REVIVE JAPAN CUP」in エコプロダクツ2013入選 

     藤野旧牧郷小学校第10回ひかり祭りインスタレーション制作 

     (以降 第11回、12回も参加)


2014年 第27回新島国際ガラスアートフェスティバル        

             Karina Guevin&Cedric Ginart クラス受講(スカラーシップ受賞)    

                        

2015年 Pilchuck glass school (アメリカ) 
     Jeff Zimmer クラス受講

     サマーソニック2015ソニッカート参加

2016年 第29回新島国際ガラスアートフィスティバル 

     Jennifer Caldwell クラスT.A参加    

                               

     国営昭和記念公園ウィンタービスタイルミネーション2016 メインストリート展示

     サマーソニック2016ソニッカート参加

2017年 南青山グラスギャラリーカラニス新島国際ガラスアートフィスティバル30周年記念展参加

     サマーソニック2017ソニッカート参加

     第30回新島国際ガラスアートフィスティバル

     Chelle Jovan クラスT.A参加

     国営昭和記念公園ウィンタービスタイルミネーション2017

2018年 六本木アートナイト2018 六本木交差点、毛利庭園にて展示

             海洋堂アートプラ大賞2018 入選
             chanty CD ジャケット撮影 空間演出 
             第31回新島国際ガラスアートフェスティバル Janis Miltenberger クラスティーチングアシスト参加

2019年   ゴディバジャパン株式会社 冊子表紙の器の製作
             今川義元公誕生五百年祭 駿府城公園 紅葉山庭園にて展示
             株式会社シロ 新作香水テスターカバーの製作
             静岡文化芸術大学 デザイン学部デザイン学科 特別講師